So-net無料ブログ作成

Windows10をクリーンインストールする

2015年7月から使い続けているWindowsPC、Windows8.1からWindows10にアップデートをして以来微妙な不具合が発生していたのですが、まぁ我慢ができるレベルのものだったのでそのまま使い続けてきたのですが、最近Bluetoothが利用できなくなり、ELECOMのBluetoothレシーバーを取り付けてしばらくは問題なく使えていたのですが、それもいつの間にか使えなくなり、ドライバの再インストールやレジストリの修正など考えられる対応をしましたが、結局Bluetoothは復旧しませんでした。

私の場合、マウスもキーボードもMSのBluetooth機器なので、パソコンが満足に使えなくなってしまうのです。

数日間はUSB接続のマウスとキーボードをつないでしのいでいましたが、どうしても使い勝手が悪いため、いよいよ重い腰を上げてWindows10をクリーンインストールしてみることにしました。





しかし、ハッキリ言ってBluetooth復旧のためだけの理由でWindowsの再インストールというクソ面倒くさい作業をしたくないわけです。

Windowsのクリーンインストール、使用している様々なソフトの再インストール、再設定・・・そんな考えただけで最低でも丸1日消費してしまう面倒な作業をする理由が、Bluetoothの復旧というネガティブな要因だけではモチベーションを維持できません。

それこそ、「WindowsOSは自己崩壊プログラムかよ!Microsoftふざけんなよ!クソがっ!!真面目にまともなOS作れよ!!」と、脳内罵詈雑言が止まらなくなりそうで、そんな悲しい気持ちで1日を台無しにしたくありません。





というわけで、なにかパソコンに発展的な機能向上を行い、その機器・機能を使うためにWindowsのクリーンインストールが必要なのだ・・・というポジティブな理由で自分を誤魔化すことに。



そんな中選んだのはM.2のSSD追加です。





現在はSATA接続のSSDを使用し、WindowsOSとアプリケーションはすべてそのSSDに入れて使用していますが、M.2規格のSSDを搭載してWindows10もアプリもすべてインストールすることでさらにデータアクセスの高速化を図れすのではないか・・・。

そしてまさに、それを実現するためにWindows10をクリーンインストールするのだ!!

と、自分に言い聞かせられるのではないかと思い、すぐにAmazonで注文しました。





で、いろいろ検討の末購入したSSDが・・・





続きはこちら↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12281187504.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。