So-net無料ブログ作成

あぁ・・・聴き逃していた2枚のCD!! [音楽]

いやぁ、これを聴き逃していたとは、いくらCDを聴く時間が激減中とはいえ、そもそも購入できていなかったことに、ただただ狼狽しております。


なぜそんな気分になっているのかというと、1枚は主に日本のテレビゲーム音楽を、そしてもう1枚は日本のアニメ音楽を題材にした海外のアーティストが制作したJAZZアルバムだからです。


これ、完全に俺の守備範囲じゃないか・・・

しかも、アニメの方はイタリアのジャズピアニスト「ジョバンニ・ミラバッシ」の今年に入ってからの新譜・・・思いっきり見逃してた・・・買い逃してた・・・
もう、なんだか恥ずかしい気分になってきた・・・




と、途方に暮れるのはいい加減にして、せっかく入手したので通勤電車の中でヘビロテです。





まずはゲームの方からご紹介。

img032.jpg
music from videogames / BOoOM
disk unionでの購入はコチラ
HMVでの購入はコチラ
amazonでの購入はコチラ


まずジャケットからしてゲームチックです。
インベーダーゲームのパロディですな。

ちなみに内容ですが、演奏はスタンダードなジャズアレンジでは無く、エフェクターを多用していたり、曲によっては実際のゲーム音楽と組み合わせていたり、エレキ、シンセサイザー何でもありで、クラブで流れていてもおかしくない様なノリ、リズムの曲が多々あります。
かと思うと、ピアノでシットリと聴かせるバラードがあったり(でも、音をわざと歪ませたりしている)、なかなか楽しめるではありませんか。

で、1曲目は任天堂のGame Boyソフト『ポケットモンスター』から「Goldenrod City」。
ポケモンはほとんどやったことが無いけれど、なんだかこんな曲、流れてたなぁ。

2曲目はナムコの『パックマン』から「パックマンのテーマ」。
アーケードからテレビゲーム、パソコンと、様々なプラットフォームで発売され、進化を遂げていった名作ですが、演奏の方もコミカルでテンポのアップダウンも多く、かなりノれます。

そして3曲目はロシア発のパズルゲームの王道『テトリス』。
曲の前半は「??」と、若干戸惑うかも知れませんが、メインテーマのコード進行を元にオリジナルのメロディーを奏ででいることに気が付けば「まさに音楽のパズルゲームだ!」と、展開も面白く感じられます。
そして3分を大きく超えたところで、あの、誰もが知っている「Korobeiniki」のテーマが現れます。しかも、ゆったりと、静かに・・・。

他にも「Doom」や「ゼルダの伝説」、「スーパーマリオ」などの楽曲が次々とファンキー又はクールなジャズに生まれ変わって演奏されますが、個人的には『スペースインベーダー』ではインベーダーが動く時の電子音とG.Eisenhauerのドラムバトルが何とも言えずに好きだったりします。

ほとんど(又は全く)やったことが無いゲーム音楽も収録されていたりしますが、いやはや、主に日本のゲーム音楽がオーストリアのジャズメンよって生まれ変わったものをこうして聴くと、音楽にも、ゲームにも国境は無いんだな・・・と、今更ながら実感できます。

兎にも角にも、ゲームとジャズの両方が好き・・・という奇特な方は是非、一度聴いてみて下さいませ。






そして・・・2枚目に紹介するのは・・・


続きはコチラ↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12022653676.html

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』を観に行ったよ

私、「機動警察パトレイバー」ドンピシャの世代なのです。

機動戦士ガンダムはオイラよりももっと上の世代の人が中心になって観ていました(1979年放送開始なので私は未だ2歳)し、リアルタイムで見ていたのは「機動戦士Zガンダム(1985年放送開始)」からなので、そう言う意味では機動戦士ガンダムは「ドンピシャ」世代ではないのです。


ちなみに「機動警察パトレイバー」は、1988年に週刊連載&OVA販売が開始されましたが、週刊少年サンデーは買っていなかったので、基本的にはコミック+レンタルビデオでOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)を何度も何度も観ました。

その後、劇場版、テレビアニメ版、劇場版2、ミニパト、劇場版3と、欠かさず観てきました。

DVDも全部揃えました。
で、何度も観ています。



で、中でも大好きなのが「機動警察パトレイバー2 the MOVIE」(劇場版2)なのです。

411j6aYUDYL.jpg


この話だけでも何回観たことか・・・




で、昨年の2014年、なんと、その大好きなパトレイバーが押井守監督の手で実写化されたのです。


THE NEXT GENERATIONパトレイバー

第1章第7章までの合計12話が、立て続けに劇場公開され、矢継ぎ早にDVD&Blu-ray化されました。
実寸のパトレイバーAV98式イングラムを制作し、作中及びプロモーションとして国内の各地でデッキアップするというパフォーマンスが行われましたので、ご存じの方も多いことと思います。

もちろん私は全章Blu-rayを購入して観ました。

昔の「機動警察パトレイバー」の隊員達が特車二課初代隊員で、「機動警察パトレイバー2 the MOVIE」がその初代隊員達が特車二課を離れた後の話、そしてこの「THE NEXT GENERATIONパトレイバー」が三代目特車二課隊員達の話・・・という流れなのですが、その多くの話が昔のパトレイバーのテレビアニメ版の話等を元にした内容が多く、劇中の台詞も「あぁ・・・この台詞はアニメのあの話のあのシーンのモノだ!」と、マニア心をくすぐるようなモノばかりで、全話楽しく観ました。





で・・・・

続きはコチラ↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12022646801.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。