So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

やっちまった!!『PENTAX K-1 Limited Silver』を購入

9月のとある土曜日、数日前に会社の女子社員がOLYMPUSのミラーレス一眼カメラ「PEN E-PL8」(宮﨑あおいがCMやってるやつ)を買ったと言うことで、オイラも愛機のPENTAXの「K-3」を引っ張り出して大宮の氷川神社で撮影会をしました。



・・・なんと申しますか、それまでは一人で黙々とライブ写真を撮ったり、景色を撮ったりして楽しんでいたのですが、女子社員と一緒にカメラでパシャパシャとやっていたら・・・楽しくなっちゃったんですねぇ・・・

気づけば、会社女子と別れた後にさいたま新都心のヨドバシカメラで「K-1 Limited Silver」を予約注文しておりました。



せっかくK-1が発売になってから今まで、我慢をして手を出さなかったというのに・・・

ヨドバシの店頭でK-1 Limited Silverが近々に発売になるという店頭チラシと、「まだ予約できます」の言葉についつい・・・





いやいやいやいや、後悔はしませんぞ!

いずれは、いずれはAPS-Cのデジタル一眼からフルサイズへ!!そう思っていたのです。

買うのが遅いか早いかだけの違いなので後悔なぞするものですか!!!(若干目がウルウルしているかも)







そんなわけで、9月15日の発売日にヨドバシに受け取りに行ったものの、その日はなんだか疲れていたため気合いを入れて開梱できず。


00_IMG_5912.JPG




なんだかんだで翌日16日の夜にようやく箱から出して試し撮りをしてみました。





ちなみに・・・





続きはコチラ↓

https://ameblo.jp/keita-goto/entry-12311395107.html


nice!(2)  コメント(0) 

銀座ブロッサム中央会館の圓朝祭で歌丸さんの噺を聞いてきた

7月16日の日曜日、炎天下の銀座に行って参りました。


2017-7-16-1.JPG




今日は銀座ブロッサム中央会館で開催60周年の圓朝祭が開催されるのです。

しかも、本日の大トリは先日まで入院をされていた落語界の重鎮、桂歌丸さんが務めるのです。





そんなわけで、会場に行く前にちょっと腹ごしらえを・・・と思い、有楽町駅から会場までの道すがら・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12293297791.html


BluetoothヘッドフォンJBL E55BT Quincy Editionを買った [AUDIO]

NTT-X Storeって、コンシューマ用プロ用問わず、たまにものすごい掘り出し物が出ます。



今回はLG製の23.8インチの4K液晶モニタ「24UD58-B」が税込み&送料込みで27,800円で限定85台が出品されていることをPC Watchの記事で知り、すかさず注文をしてしまいました。



以前はメインで使っているDELLの4Kモニタ「P2815Q」と、LGの28インチのWUXGA(1920x1200)液晶モニタでデュアルモニタ構成で使っていたのですが、WUXGA液晶モニタを母親にあげてしまったのでしばらくモニタ1台構成になっていました。

しかし、これでようやくデュアルモニタ構成に戻ります。



というわけで、モニタ台の上を片付けてモニタを追加できるように掃除をしてなんとか増設が完了しました。


 


20170701_1.JPG


う~ん、久しぶりの感覚。

これでようやく作業をしながらサブ画面に素材フォルダをいくつも並べたり、Blu-rayやYoutubeを再生しっぱなしにできます。









さてさて、モニタの追加の話はとりあえずこれで終わりにして、Bluetoothヘッドフォンを買ったお話です。



 





何か月か前に、オーディオ系のネットニュースサイトで音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズがプロデュースしたヘッドフォンがJBLから発売になるという記事を読みました。

クインシー・ジョーンズといえば御年84歳。

ジャクソン5、ジャクソンズで活躍をしていたマイケル・ジャクソンがソロ活動のためにプロデューサーを探していたところ、映画撮影の現場で音楽プロデューサーとして活躍していたクインシー・ジョーンズと出会い、タッグを組んでマイケル・ジャクソンがスターダムを駆け上がるのをバックアップしたことでも有名なおじさんですが、なにより少年時代はレイ・チャールズとバンドを組んでいたり、若いころはトランぺッターとしてライオネル・ハンプトン楽団に参加をしていたれっきとしたミュージシャンでもあるわけです。

私自身、クインシー・ジョーンズがアレンジャー&音楽プロデューサーとして自ら率いていたビッグバンドの作品が好きで、iPod Touchの中にも何枚かアルバムが入っていて結構頻繁に聴いています。



そんなクインシー・ジョーンズがプロデュースしたヘッドフォンが発売になるとなれば、当然気にもなってくるというものです。



そして・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12288828422.html


鬼束ちひろ『Tiny Sereams』を聴く [音楽]

最近発売になった鬼束ちひろさんのニューアルバム『Tiny Screams』を買ったので通勤中にiPodで、そしてこの週末で自宅オーディオで聴いてみました。





このアルバムは昨年2016年の7月と11月に行われたライブの内容を収録したもので、CD(SHM-CD仕様)2枚組+DVD1枚の3枚組の重厚な作品となっています。(なんで今日日、映像ディスクがDVDなの?と思わなくは無いけれど)



鬼束ちひろさんはデビュー当時から椎名林檎さんと並んで大好きな女性歌手で、シングルもアルバムも勿論全て持っています。

一時期、不思議な方向にぶっ飛んでいましたが、その時ですら鬼束ちひろの歌力(うたぢから)を信じてファンであり続けてきました。



そんな私から見ても、収録曲のチョイスが素晴らしく、聴く前から喜びいっぱいでCDが自宅に届くやすぐにiPodに入れて毎日聴き込み、悦に浸っているわけです。



また、基本的にアコースティックライブであり、更にSHM-CDという高音質盤としてリリースをしているので、自宅のオーディオでボリュームを上げて聴ける週末が来るのを楽しみにしていたわけですが、いざ実際に聴いてみると・・・!





 



Tiny Sereams / 鬼束ちひろ




まずCDを書けた瞬間、ホールのライブ感、空気感が伝わってくるような透明感と楽器のリアルさにハッとします。

しかし、直後にマイク由来のノイズなのか何なのか分からないのですが、周期的にピンクノイズが左スピーカー側を中心にサーッと入り始め、鬼束さんの歌声が入ると消えていく・・・という現象が気になって仕方なくなります。

7月の大阪サンケイホールで収録した「茨の海」ではこの現象は確認できなかったので、11月の中野サンプラザホールでの収録時に混入してしまったノイズなのでしょうか。

いずれも気になるのですが、演奏が激しくなるとノイズをかき消すのでまぁ・・・まぁ・・・イイか。

このあたりは制作者サイドに気をつけて貰いたかったなぁ・・・ただでさえ素晴らしいアルバムなんだから・・・



と、愚痴もありつつ、しかし改めてアルバムを聴き込んで感じるのは、鬼束ちひろさんの圧倒的な歌力です。



体中から絞り出すように気を込めて歌うその歌声は、重々しく、痛々しくもあり、そして感動的なのです。



そしてその鬼束さんの歌をバックでガッチリ支えるピアノ、コントラバス、ドラム等の演奏、音が素晴らしく、鬼束ワールドに没入できるのです。





そして、私としては非常に嬉しかったのが、錚々たる代表シングルカット曲と一緒に、「King of Solitude」が収録されていたことです。

この曲は3枚目のアルバム「Sugar High」に収録されている曲で、他の名曲の様に別に何かのCMやドラマに使われた曲ではないのですが、個人的にこの曲が大好きなのです。

この曲を聴くと、なにか子供の頃に読んだ絵本を思い出すような言いようのない懐かしさを感じ、哀愁と悲哀を感じつつ、とても暖かい感情に包まれるのです。

この事は、「Suger High」発売時の感想文コンテストにも書いた記憶がありますが、その時に貰った鬼束さんのサインは未だに宝物です。

そして、ほかの曲をライブで歌う、そしてアルバムに収録することだって十分考えられたでしょうが、この曲が今回のアルバムに収録されたことが嬉しくてたまらない自分が、この曲を聴いて心洗われている自分がここに居るわけです。

鬼束さん、ありがとう!!



それにしても、デビュー当時から歌声と歌詞両方の説得力に素晴らしいものがありましたが、今の鬼束さんの歌声は、様々なことを乗り越えてきた円熟味が加わり、今まで以上に心に突き刺さる、時にえぐられる様な狂気と情熱を感じるようになりました。

このアルバム、確実にヘビーローテーションです。





あ~~~!!

また1stアルバムから順番に聴きこみたくなっちゃったなぁ。


2017年 大宮でかき氷食べ始めました

最近は涼しい日と暑い日が交互に襲ってきて、さらに日中だけやけに暑い日などもあり、すっかり「かき氷」の季節なのであります。

「まだ早いだろ?」と言われようと、気分はかき氷なのであります。

あの細かく削られた氷に火照った体の熱を奪って欲しいのであります。





そんなわけで、今年も地元の大宮界隈でかき氷を食べ始めました。





まず、かき氷の食べ始めとすべきお店を考えてみましたが、やはりここしかないでしょう・・・

ということで、大宮の氷川参道にある団子屋さん『氷川だんご』で「酸い」です。


01.JPG


もう毎年何度も来ているので書くことも無いのですが、信濃の天然水氷を使ったかき氷は、薄くてきめが細かく、口の中に入れるとスーッと溶けて爽やかさだけが残る逸品です。

で、その爽やかさを堪能するには、甘さがスーッと消えていく砂糖のシロップをうっすらと掛けただけの「酸い」が一番スキ。

2017年の一番最初のかき氷をここにして正解。

最近のかき氷のような派手さは無いけれど、氷川参道を散策して氷川神社でお参りし、氷川だんごの素朴な焼き団子の醤油の焦げた味と、これまた素朴で原点のようなかき氷を堪能すると「あ~、日本人だなぁ・・・」と癒やされるわけです。







お次は・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12286125546.html


吉祥寺SOMETIMEのJazz for Everybodyに行ってきた <紗理&市原ひかり> [音楽]

先日、吉祥寺のジャズライブハウス『SOMETIME』のライブに行ってきました。

 


IMG_4744.JPG


予約をする時に初めて知りましたが、なんでもこの日は”Jazz for Everybody”という1ステージ500円のミュージックチャージでライブを楽しめる月1回のイベント日だったようです。

それを知らずに、ボーカリストの紗理さんとトランペットの市原ひかりさんが出ると言うことと、ちょうどこの日が出先から直帰できそうだと言うことで余裕を持って吉祥寺に行けると判断をして予約をしたのですが、2ステージの通しでもチャージが1000円とは!

ミュージシャンにとってはチャージ料の実入りが減ってしまうのでそう何度も・・・というのは難しいかもしれませんが、それまで機会が無かった人がジャズに気軽に触れられるという点では素晴らしい取り組みで支持します!

実際に相席になった人に聞きましたが、普段はジャズに接することが無いそうなのですが、この”Jazz for Everybody”は毎回チェックをして来ているという話を聞き、コレがもっと認知度が高まって賑わえばSOMETIMEとしても、ミュージシャンとしても、次に繋げるチャンスが増やせるのかもしれません。





それはさておき・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12284603123.html


吉祥寺SOMETIMEのJazz for Everybodyに行ってきた <紗理&市原ひかり> [音楽]

先日、吉祥寺のジャズライブハウス『SOMETIME』のライブに行ってきました。

 




予約をする時に初めて知りましたが、なんでもこの日は”Jazz for Everybody”という1ステージ500円のミュージックチャージでライブを楽しめる月1回のイベント日だったようです。

それを知らずに、ボーカリストの紗理さんとトランペットの市原ひかりさんが出ると言うことと、ちょうどこの日が出先から直帰できそうだと言うことで余裕を持って吉祥寺に行けると判断をして予約をしたのですが、2ステージの通しでもチャージが1000円とは!

ミュージシャンにとってはチャージ料の実入りが減ってしまうのでそう何度も・・・というのは難しいかもしれませんが、それまで機会が無かった人がジャズに気軽に触れられるという点では素晴らしい取り組みで支持します!

実際に相席になった人に聞きましたが、普段はジャズに接することが無いそうなのですが、この”Jazz for Everybody”は毎回チェックをして来ているという話を聞き、コレがもっと認知度が高まって賑わえばSOMETIMEとしても、ミュージシャンとしても、次に繋げるチャンスが増やせるのかもしれません。





それはさておき・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12284603123.html


Windows10をクリーンインストールする

2015年7月から使い続けているWindowsPC、Windows8.1からWindows10にアップデートをして以来微妙な不具合が発生していたのですが、まぁ我慢ができるレベルのものだったのでそのまま使い続けてきたのですが、最近Bluetoothが利用できなくなり、ELECOMのBluetoothレシーバーを取り付けてしばらくは問題なく使えていたのですが、それもいつの間にか使えなくなり、ドライバの再インストールやレジストリの修正など考えられる対応をしましたが、結局Bluetoothは復旧しませんでした。

私の場合、マウスもキーボードもMSのBluetooth機器なので、パソコンが満足に使えなくなってしまうのです。

数日間はUSB接続のマウスとキーボードをつないでしのいでいましたが、どうしても使い勝手が悪いため、いよいよ重い腰を上げてWindows10をクリーンインストールしてみることにしました。





しかし、ハッキリ言ってBluetooth復旧のためだけの理由でWindowsの再インストールというクソ面倒くさい作業をしたくないわけです。

Windowsのクリーンインストール、使用している様々なソフトの再インストール、再設定・・・そんな考えただけで最低でも丸1日消費してしまう面倒な作業をする理由が、Bluetoothの復旧というネガティブな要因だけではモチベーションを維持できません。

それこそ、「WindowsOSは自己崩壊プログラムかよ!Microsoftふざけんなよ!クソがっ!!真面目にまともなOS作れよ!!」と、脳内罵詈雑言が止まらなくなりそうで、そんな悲しい気持ちで1日を台無しにしたくありません。





というわけで、なにかパソコンに発展的な機能向上を行い、その機器・機能を使うためにWindowsのクリーンインストールが必要なのだ・・・というポジティブな理由で自分を誤魔化すことに。



そんな中選んだのはM.2のSSD追加です。





現在はSATA接続のSSDを使用し、WindowsOSとアプリケーションはすべてそのSSDに入れて使用していますが、M.2規格のSSDを搭載してWindows10もアプリもすべてインストールすることでさらにデータアクセスの高速化を図れすのではないか・・・。

そしてまさに、それを実現するためにWindows10をクリーンインストールするのだ!!

と、自分に言い聞かせられるのではないかと思い、すぐにAmazonで注文しました。





で、いろいろ検討の末購入したSSDが・・・





続きはこちら↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12281187504.html


美味しい鰻でした 鰻むさし乃@浦和

いやいや、美味い鰻を食べました。



日曜日のお昼、会社の女子を誘って浦和に鰻を食べに行きました。



今回伺ったのは、「鰻 むさし乃」というお店で初めて行くお店です。

 
2017-5-28-1.JPG


浦和駅の東口(パルコの方)を出て、パルコ手前を南に進んで道路を渡り、路地を入っていった住宅街に突如、お店が現れます。

しかもマンションの1階、道路から入った奥まったところに入り口があるという立地の悪さ。

そんなお店なのに、行列が出来る鰻屋さんだと言うことで、日曜日のお昼、しかも12時を過ぎている時間帯にヒョロヒョロと行って本当に鰻を食べられるのか・・・そんな心配をしながらお店に向かうと、お店の前には4名のお客さんが並んでいましたので、チョット安心をしてその後ろに並ぶことに。

ちなみに、後でご主人に聞いたところ、今日は珍しくお客さんが並んでいない日だとのこと。下手をすると2~30人並んでいる日もあるのだとか。

よかった、さすがにそんなに並んでいたら西口(伊勢丹の方)に向かって別の鰻屋さんに行ってましたよ。





で、待つこと約10分。いよいよお店に入ることができました。



さてさて、メニューはいたって単純。

鰻重上、鰻重特上の2択・・・と、思いきや、なんと!新仔がまだ残っているとのこと!

新仔の鰻、食べたことがないのでスゲェ興味があるんですよ。

ただ、お値段が・・・・

肝焼きが付いた「新仔御膳」だと5600円だものなぁ・・・



わずかながら躊躇の顔が見えたのか、お店の人がすかさずアシスト。

「新仔の肝焼は、今朝さばいたばかりの新仔の肝なんですよ!」

・・・

・・・・

参りました。もう、「新仔御膳」を2人前で・・・!!

連日残業続きの会社女子を慰労するのだ!そのくらいケチってどうするか!!



そんなわけで・・・



続きはこちら↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12278830429.html


辛島文雄さん [音楽]

ジャズピアニストの辛島文雄さんが昨日、2月24日の午後8時30分に膵臓癌で亡くなりました。



今発売をしているジャズ批評 2017年 03 月号の「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2016」で辛島文雄さんが昨年発売したリーダーアルバム『マイ・フェイヴァリット・シングス』を紹介できたけど、結局、ライブを聴きに行くことは出来なかったのが心から悔やまれます。



アルバムに関しては昨年のブログでも紹介しているので雑誌と合わせてご覧いただければ。





この週末は辛島さんの作品に浸りながら追悼させていただきます。

心からお悔やみ申し上げます。




前の10件 | -