So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

鬼束ちひろ『Tiny Sereams』を聴く [音楽]

最近発売になった鬼束ちひろさんのニューアルバム『Tiny Screams』を買ったので通勤中にiPodで、そしてこの週末で自宅オーディオで聴いてみました。





このアルバムは昨年2016年の7月と11月に行われたライブの内容を収録したもので、CD(SHM-CD仕様)2枚組+DVD1枚の3枚組の重厚な作品となっています。(なんで今日日、映像ディスクがDVDなの?と思わなくは無いけれど)



鬼束ちひろさんはデビュー当時から椎名林檎さんと並んで大好きな女性歌手で、シングルもアルバムも勿論全て持っています。

一時期、不思議な方向にぶっ飛んでいましたが、その時ですら鬼束ちひろの歌力(うたぢから)を信じてファンであり続けてきました。



そんな私から見ても、収録曲のチョイスが素晴らしく、聴く前から喜びいっぱいでCDが自宅に届くやすぐにiPodに入れて毎日聴き込み、悦に浸っているわけです。



また、基本的にアコースティックライブであり、更にSHM-CDという高音質盤としてリリースをしているので、自宅のオーディオでボリュームを上げて聴ける週末が来るのを楽しみにしていたわけですが、いざ実際に聴いてみると・・・!





 



Tiny Sereams / 鬼束ちひろ




まずCDを書けた瞬間、ホールのライブ感、空気感が伝わってくるような透明感と楽器のリアルさにハッとします。

しかし、直後にマイク由来のノイズなのか何なのか分からないのですが、周期的にピンクノイズが左スピーカー側を中心にサーッと入り始め、鬼束さんの歌声が入ると消えていく・・・という現象が気になって仕方なくなります。

7月の大阪サンケイホールで収録した「茨の海」ではこの現象は確認できなかったので、11月の中野サンプラザホールでの収録時に混入してしまったノイズなのでしょうか。

いずれも気になるのですが、演奏が激しくなるとノイズをかき消すのでまぁ・・・まぁ・・・イイか。

このあたりは制作者サイドに気をつけて貰いたかったなぁ・・・ただでさえ素晴らしいアルバムなんだから・・・



と、愚痴もありつつ、しかし改めてアルバムを聴き込んで感じるのは、鬼束ちひろさんの圧倒的な歌力です。



体中から絞り出すように気を込めて歌うその歌声は、重々しく、痛々しくもあり、そして感動的なのです。



そしてその鬼束さんの歌をバックでガッチリ支えるピアノ、コントラバス、ドラム等の演奏、音が素晴らしく、鬼束ワールドに没入できるのです。





そして、私としては非常に嬉しかったのが、錚々たる代表シングルカット曲と一緒に、「King of Solitude」が収録されていたことです。

この曲は3枚目のアルバム「Sugar High」に収録されている曲で、他の名曲の様に別に何かのCMやドラマに使われた曲ではないのですが、個人的にこの曲が大好きなのです。

この曲を聴くと、なにか子供の頃に読んだ絵本を思い出すような言いようのない懐かしさを感じ、哀愁と悲哀を感じつつ、とても暖かい感情に包まれるのです。

この事は、「Suger High」発売時の感想文コンテストにも書いた記憶がありますが、その時に貰った鬼束さんのサインは未だに宝物です。

そして、ほかの曲をライブで歌う、そしてアルバムに収録することだって十分考えられたでしょうが、この曲が今回のアルバムに収録されたことが嬉しくてたまらない自分が、この曲を聴いて心洗われている自分がここに居るわけです。

鬼束さん、ありがとう!!



それにしても、デビュー当時から歌声と歌詞両方の説得力に素晴らしいものがありましたが、今の鬼束さんの歌声は、様々なことを乗り越えてきた円熟味が加わり、今まで以上に心に突き刺さる、時にえぐられる様な狂気と情熱を感じるようになりました。

このアルバム、確実にヘビーローテーションです。





あ~~~!!

また1stアルバムから順番に聴きこみたくなっちゃったなぁ。


2017年 大宮でかき氷食べ始めました

最近は涼しい日と暑い日が交互に襲ってきて、さらに日中だけやけに暑い日などもあり、すっかり「かき氷」の季節なのであります。

「まだ早いだろ?」と言われようと、気分はかき氷なのであります。

あの細かく削られた氷に火照った体の熱を奪って欲しいのであります。





そんなわけで、今年も地元の大宮界隈でかき氷を食べ始めました。





まず、かき氷の食べ始めとすべきお店を考えてみましたが、やはりここしかないでしょう・・・

ということで、大宮の氷川参道にある団子屋さん『氷川だんご』で「酸い」です。


01.JPG


もう毎年何度も来ているので書くことも無いのですが、信濃の天然水氷を使ったかき氷は、薄くてきめが細かく、口の中に入れるとスーッと溶けて爽やかさだけが残る逸品です。

で、その爽やかさを堪能するには、甘さがスーッと消えていく砂糖のシロップをうっすらと掛けただけの「酸い」が一番スキ。

2017年の一番最初のかき氷をここにして正解。

最近のかき氷のような派手さは無いけれど、氷川参道を散策して氷川神社でお参りし、氷川だんごの素朴な焼き団子の醤油の焦げた味と、これまた素朴で原点のようなかき氷を堪能すると「あ~、日本人だなぁ・・・」と癒やされるわけです。







お次は・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12286125546.html


吉祥寺SOMETIMEのJazz for Everybodyに行ってきた <紗理&市原ひかり> [音楽]

先日、吉祥寺ジャズライブハウス『SOMETIME』のライブに行ってきました。

 


IMG_4744.JPG


予約をする時に初めて知りましたが、なんでもこの日は”Jazz for Everybody”という1ステージ500円のミュージックチャージでライブを楽しめる月1回のイベント日だったようです。

それを知らずに、ボーカリストの紗理さんとトランペットの市原ひかりさんが出ると言うことと、ちょうどこの日が出先から直帰できそうだと言うことで余裕を持って吉祥寺に行けると判断をして予約をしたのですが、2ステージの通しでもチャージが1000円とは!

ミュージシャンにとってはチャージ料の実入りが減ってしまうのでそう何度も・・・というのは難しいかもしれませんが、それまで機会が無かった人がジャズに気軽に触れられるという点では素晴らしい取り組みで支持します!

実際に相席になった人に聞きましたが、普段はジャズに接することが無いそうなのですが、この”Jazz for Everybody”は毎回チェックをして来ているという話を聞き、コレがもっと認知度が高まって賑わえばSOMETIMEとしても、ミュージシャンとしても、次に繋げるチャンスが増やせるのかもしれません。





それはさておき・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12284603123.html


吉祥寺SOMETIMEのJazz for Everybodyに行ってきた <紗理&市原ひかり> [音楽]

先日、吉祥寺ジャズライブハウス『SOMETIME』のライブに行ってきました。

 




予約をする時に初めて知りましたが、なんでもこの日は”Jazz for Everybody”という1ステージ500円のミュージックチャージでライブを楽しめる月1回のイベント日だったようです。

それを知らずに、ボーカリストの紗理さんとトランペットの市原ひかりさんが出ると言うことと、ちょうどこの日が出先から直帰できそうだと言うことで余裕を持って吉祥寺に行けると判断をして予約をしたのですが、2ステージの通しでもチャージが1000円とは!

ミュージシャンにとってはチャージ料の実入りが減ってしまうのでそう何度も・・・というのは難しいかもしれませんが、それまで機会が無かった人がジャズに気軽に触れられるという点では素晴らしい取り組みで支持します!

実際に相席になった人に聞きましたが、普段はジャズに接することが無いそうなのですが、この”Jazz for Everybody”は毎回チェックをして来ているという話を聞き、コレがもっと認知度が高まって賑わえばSOMETIMEとしても、ミュージシャンとしても、次に繋げるチャンスが増やせるのかもしれません。





それはさておき・・・





続きはこちら↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12284603123.html


Windows10をクリーンインストールする

2015年7月から使い続けているWindowsPC、Windows8.1からWindows10にアップデートをして以来微妙な不具合が発生していたのですが、まぁ我慢ができるレベルのものだったのでそのまま使い続けてきたのですが、最近Bluetoothが利用できなくなり、ELECOMのBluetoothレシーバーを取り付けてしばらくは問題なく使えていたのですが、それもいつの間にか使えなくなり、ドライバの再インストールレジストリの修正など考えられる対応をしましたが、結局Bluetoothは復旧しませんでした。

私の場合、マウスもキーボードもMSのBluetooth機器なので、パソコンが満足に使えなくなってしまうのです。

数日間はUSB接続のマウスとキーボードをつないでしのいでいましたが、どうしても使い勝手が悪いため、いよいよ重い腰を上げてWindows10をクリーンインストールしてみることにしました。





しかし、ハッキリ言ってBluetooth復旧のためだけの理由でWindowsの再インストールというクソ面倒くさい作業をしたくないわけです。

Windowsのクリーンインストール、使用している様々なソフトの再インストール、再設定・・・そんな考えただけで最低でも丸1日消費してしまう面倒な作業をする理由が、Bluetoothの復旧というネガティブな要因だけではモチベーションを維持できません。

それこそ、「WindowsOSは自己崩壊プログラムかよ!Microsoftふざけんなよ!クソがっ!!真面目にまともなOS作れよ!!」と、脳内罵詈雑言が止まらなくなりそうで、そんな悲しい気持ちで1日を台無しにしたくありません。





というわけで、なにかパソコンに発展的な機能向上を行い、その機器・機能を使うためにWindowsのクリーンインストールが必要なのだ・・・というポジティブな理由で自分を誤魔化すことに。



そんな中選んだのはM.2のSSD追加です。





現在はSATA接続のSSDを使用し、WindowsOSとアプリケーションはすべてそのSSDに入れて使用していますが、M.2規格のSSDを搭載してWindows10もアプリもすべてインストールすることでさらにデータアクセスの高速化を図れすのではないか・・・。

そしてまさに、それを実現するためにWindows10をクリーンインストールするのだ!!

と、自分に言い聞かせられるのではないかと思い、すぐにAmazonで注文しました。





で、いろいろ検討の末購入したSSDが・・・





続きはこちら↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12281187504.html


美味しい鰻でした 鰻むさし乃@浦和

いやいや、美味い鰻を食べました。



日曜日のお昼、会社の女子を誘って浦和に鰻を食べに行きました。



今回伺ったのは、「鰻 むさし乃」というお店で初めて行くお店です。

 
2017-5-28-1.JPG


浦和駅の東口(パルコの方)を出て、パルコ手前を南に進んで道路を渡り、路地を入っていった住宅街に突如、お店が現れます。

しかもマンションの1階、道路から入った奥まったところに入り口があるという立地の悪さ。

そんなお店なのに、行列が出来る鰻屋さんだと言うことで、日曜日のお昼、しかも12時を過ぎている時間帯にヒョロヒョロと行って本当に鰻を食べられるのか・・・そんな心配をしながらお店に向かうと、お店の前には4名のお客さんが並んでいましたので、チョット安心をしてその後ろに並ぶことに。

ちなみに、後でご主人に聞いたところ、今日は珍しくお客さんが並んでいない日だとのこと。下手をすると2~30人並んでいる日もあるのだとか。

よかった、さすがにそんなに並んでいたら西口(伊勢丹の方)に向かって別の鰻屋さんに行ってましたよ。





で、待つこと約10分。いよいよお店に入ることができました。



さてさて、メニューはいたって単純。

鰻重上、鰻重特上の2択・・・と、思いきや、なんと!新仔がまだ残っているとのこと!

新仔の鰻、食べたことがないのでスゲェ興味があるんですよ。

ただ、お値段が・・・・

肝焼きが付いた「新仔御膳」だと5600円だものなぁ・・・



わずかながら躊躇の顔が見えたのか、お店の人がすかさずアシスト。

「新仔の肝焼は、今朝さばいたばかりの新仔の肝なんですよ!」

・・・

・・・・

参りました。もう、「新仔御膳」を2人前で・・・!!

連日残業続きの会社女子を慰労するのだ!そのくらいケチってどうするか!!



そんなわけで・・・



続きはこちら↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12278830429.html


辛島文雄さん [音楽]

ジャズピアニスト辛島文雄さんが昨日、2月24日の午後8時30分に膵臓癌で亡くなりました。



今発売をしているジャズ批評 2017年 03 月号の「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2016」で辛島文雄さんが昨年発売したリーダーアルバム『マイ・フェイヴァリット・シングス』を紹介できたけど、結局、ライブを聴きに行くことは出来なかったのが心から悔やまれます。



アルバムに関しては昨年のブログでも紹介しているので雑誌と合わせてご覧いただければ。





この週末は辛島さんの作品に浸りながら追悼させていただきます。

心からお悔やみ申し上げます。




2016年のマイ・ベスト・ジャズアルバム (ジャズ批評で書けなかったヤツ) [音楽]

多分そろそろ発売になると思うけれど、「ジャズ批評」に2016年のベスト5に今年も書かせていただきました。(今年はジャケ写ミスが無いと良いなぁ)



で、2016年に発売されたアルバムの中での私のベスト5はジャズ批評を見ていただくとして、ベスト5に入れようか悩んだアルバムも当然、沢山あるわけです。

そんなギリギリのところでもれてしまった作品をこの場にてご紹介させていただきたいと思います。

(もしかしたらジャズ批評紙面よりもしっかりと文字数を使ってレビューできるので、こっちの方が書きやすいかも(笑))





SHANTI sings BALLADS / SHANTI
Amazonでの購入はコチラ
HMVでの購入はコチラ
disk unionでの購入はコチラ

SHANTIと言えば、出すアルバム出すアルバムどれも高音質盤としてオーディオ誌などに掲載されているので、ジャズファン以外でも知っている人は多いかもしれません。

本作は過去の作品からバラード作品をピックアップして収録し、3曲ほど新録した作品となっています。

私も今まで何枚かSHANTIさんのアルバムを買っていますが、ジャズアルバムとして聴いた時に、あくまで個人的な感想なのですが物足りなさを感じていました。

しかし本作を聴いてみたところ、確かに「ジャズ」ど真ん中の作品では無いのですが、アコースティックなバラードの演奏がSHANTIさんの素の歌唱力を際立たせたようで、1曲目の「Home at Last」から惹き込まれてしまいました。

選曲もなかなかツボを突かれるものが多く、エルトン・ジョンの「Your Song」やスティングの「Fields Of Gold」、新録の「Over The Rainbow」など聴き所盛りだくさんです。

最近CMでもバシバシやっている小日向文世さん主演の映画「サバイバルファミリー」の主題歌「Hard Times Come Again No More」が収録されているので映画ファンも是非。





SPEAK LOW / Lucia Cadotsch
Amazonでの購入はコチラ
HMVでの購入はコチラ
disk unionでの購入はコチラ

スイスの女性歌手ルツィア・カドッチュの作品。

テナーサックスとベースをバックにした作品で、演奏も非常に独特なのでダメな人は全くダメかも。

そんな本作ですが、2曲目のタイトル曲「SPEAK LOW」等はとても素直な歌声で蕩々と歌い上げ、それに対してバックの二人が展開する演奏との対比が面白く、気がつけばルツィア・カドッチュの歌声に引き込まれます。

3曲目の「STRANGE FRUIT」はビリー・ホリディの名曲ですが、これを白人のルツィア・カドッチュが歌うことに若干の違和感を感じつつ、また名曲故にビリー・ホリディの歌とどうしても比較をしながら聴いてしまうのですが、ビリー・ホリディが同胞たちへの鎮魂歌であったとすれば、このルツィア・カドッチュの歌声は黒人奴隷に対する白人の懺悔のようにも聞こえます。

ややもすれば、ビリー・ホリディとの比較の末に陳腐に聞こえてしまいがちなこの曲を、バックの二人の悲しさと激しさを感じさせる演奏に支えられながら歌い上げたルツィア・カドッチュには拍手。





Call me / Ryu Miho
Amazonでの購入はコチラ
HMVでの購入はコチラ
disk unionでの購入はコチラ

このアルバムも高音質盤として取り上げられたらしい。また、ネット配信された高音質DSD音源も人気があったらしい。(オイラはこのアルバムを買って初めて知った)

1曲目のCall meはエフェクト処理無くアカペラで囁くように歌うので、少しこそばゆい感覚でアルバムを聴き始めます。

3曲目の「Love for sale」は少し毛羽立ったような歌声でチャーミングに歌われるとアッと言う間に魅せられてしまいます。

4曲目の「The nearness of you」はついさっきの「Love fot sale」とは打って変わってギターのみでしっとりと歌い上げるのですが、まるで呼吸を感じるような吐息混じりの歌声を聴いていると、ズッと耳元で歌って貰いたいような感覚に襲われます。

他にも「Fly me to the moon」や「Misty」、マドンナの「La isla bonita」など聴き所いっぱい。





A MATTER OF INSTINCT / The Peter Edwards Trio
Amazonでの購入はコチラ
HMVでの購入はコチラ
disk unonでの購入はコチラ

ピアニストPeter Edwardsのピアノトリオ作品。

全曲Peter Edwardsのオリジナル曲なので、店頭で触手を動かすには若干躊躇しますが、聴いてみるとどの曲も良い意味で分かり易い曲ばかりで、しっかりと楽しめます。

悪く言えば「環境音楽」的に聞き流せてしまえる作品なのですが、ジックリと聴けば聴くほどそれぞれの曲の良さ、Peter Edwardsのピアノタッチの軽妙さと繊細さや、ベースのMax Luthertの緻密で丁寧なベースの音運び、作品全体をバチッと引き締めて曲の良さをもり立てるMoses Boydのドラム等が見えてきてどんどん楽しくなってきます。

次作ではもっと実験的な、攻めた曲も盛り込んで貰いたい!





最後は12月30日の毎年恒例行事、吉祥寺MEGでのオールナイトイベントで某遠方からお越しの某氏が紹介してくれた韓国の女性ピアニストSHIN AHRAMのトリオ作品。

OBTAIN / SHIN AHRAM TRIO
Amazonでの購入はコチラ

オイラも去年、韓国のピアノトリオ作品は何枚か買っていたけれど、どれもクオリティが高く楽しめました。でも、この作品は知らなかったなぁ・・・

1曲目の「Quiet」と5曲目の「Sincero」以外の楽曲は全てピアニストのShin Ahramのオリジナルらしいけれど、ピアニスト以外のメンバーの名前が・・・読めません。だって、ハングル文字で書いてあるんですもの・・・。

更に、レコーディング情報も一切ないので(少なくとも英文では)、何月何日にどこで録音したのかも分かりません。

と、いろいろと不明な点があるアルバムではありますが、聴いてみると・・・1曲目の「Quiet」からハマります。

女性らしい繊細なメロディーが有りながらなかなか骨太な演奏で、オリジナル曲も情緒的でメロディアスで、美しくはかなく力強い・・・ヨーロッパ的でも有り日本的でも有る曲の展開は、いいとこ取りでたまらなく気持ちがイイ。

その美しいピアノを支えるドラマーとベーシストのことも書きたいのに・・・名前が読めない・・・(涙)。

兎にも角にも、コレは一聴の価値あり!

なかなか取り扱いがないようですが、検索をすると国内の様々な音楽配信サイトで配信されているので、そちらもご利用下さい。





と、そんな感じで紹介をさせていただきましたが、他にも2016年に発売されたアルバムの中にはオススメの作品はまだまだ有ります。

またこのブログでもご紹介が出来れば・・・。

あ、あとは『ジャズ批評』の方でも私なんかよりも耳の肥えた皆さんが様々な作品を紹介されていると思いますので、是非ご覧下さい。



ジャズ批評 2017年 03 月号

アナログプレイヤーを買い換えた [AUDIO]

私はアナログよりもデジタルコンテンツ派なので、アナログプレイヤーには特段力を入れていません。

というと、アナログファンの方々からは怒られそうですが、んな事言ったって、有限のお金を活用するには全方位作戦よりもどちらかに力を入れるしかありません。





とは言え、レコードは買うし、聴くし、最低限の再生環境は整えないと・・・ということで、THORENSのTD190にortofonのOM B10が付いたヤツを中古で買って使っていたのですが、先日、とうとう故障をしてしまいました。

まぁ、修理に出せば元通り使えるようになると思うのですが、どうせならアナログ環境を再構築しよう・・・と、色々と物色しておりました。



で、価格的にもデザイン的にも「これで良いかな?」と思ったのがあったので、取り敢えず買って使ってみることに。





それがコチラ。
2017-2-4-08.JPG

TEACのターンテーブル『TN-550-B』です。

カートリッジに関しては・・・


続きはコチラ↓
http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12245041981.html

AppleのAir Podsを買いました [AUDIO]

AppleBluetoothイヤホン『AirPods』を買ってみました。

だって、Facebookなんかでいろいろな人が買ったり、欲しいとか行っているのを観てたら・・・ついつい欲しくなってしまいまして・・・昨年末に注文をしました。

で、ようやく1月20日に届いたので、早速仕事の通勤、帰宅時に使ってみることに致しました。





airpods1.JPG

予想よりも大きめの箱で届いたAirPodsちゃん。

開けてみると・・・・予想よりも小さなケースでちょこんと鎮座致しておりました。



ほんと、小さいんですよ。





続きはコチラ↓

http://ameblo.jp/keita-goto/entry-12241247458.html

前の10件 | -